会社概要お問い合わせ                   
ニュージーランドの旅行はクライストチャーチ・ビッグファンツアーズへ 個人旅行・現地ツアー・専用車・スキー・視察通訳・留学

JPN
NZ

Click for クライストチャーチ, New Zealand Forecast

ビッグファン紹介
初めての方へ
会社概要
オフィス所在地

サービス
ニュージーランド・自由旅行
ニュージーランド・旅行パーツ
ニュージーランド・スキー
ニュージーランド・視察通訳
クライストチャーチ・滞在サポート
クライストチャーチ・留学WH

旅のヒント
ニュージーランド旅行の準備
ニュージーランド一般情報
地図・所用時間
過去のご利用プラン
お客さまからのお便り

ご利用案内
お申し込みの流れ
お問い合わせ
お申し込み
ご精算方法

その他情報
よくあるご質問
お役立ちLINK
免責事項・保険等
個人情報保護方針


 
お客さまからのお便り

お客さまからのお便りをご紹介させていただきます。

弊社サービスをご利用いただいたお客さまからいただいたお便りを掲載させていただきました。
数ある旅行会社の中から弊社をお選びいただいて誠にありがとうございました。
これからも安心・安全・快適なご旅行・ご滞在サポートに努めてまいりたいと思います。









ビッグファンツアーズ様

先週末、無事帰国しました。お世話になり有難う御座いました。

9日の行程で約1700キロ走行していました。最初は100キロ以上でバンバン走る車に戸惑いましたが、その内日本と比べて走っている車が圧倒的に少ない事に気づき同じように100キロで走っていました。

一日の走行距離が長いので、ガソリンを入れ忘れると次のスタンドまでヒヤヒヤしながら走る事になります。しかしやはりレンタカーなので好きな時間に出発し、どこでも好きな所で止まれますので便利でした。

初夏と聞いていましたが、予測していたより寒く春先の寒さと言った感じでした。マウントクックのハイキングも雨と寒さで残念ながらGIVEUP、霧に煙る山頂をホテルの窓越しに眺めていました。

私の趣味はカジノですので、立ち寄った町では全て見聞調査に訪れました。何処もコジンマリした賭場で掛け金レベルも10分の一位かな〜、でも一番分の悪いスロットに結構ローカルの人たちが遊んでいるので何か違いがあるのかな〜と思いました。

帰国した翌日は初雪で震え上がりました^^

TKS/Tanaka

Tanakaさま この度は弊社サービスご利用いただきまして誠にありがとうございました。
レンタカーでのご旅行楽しんでいただけたようでなによりです。
パスポート10数冊という海外ご出張の猛者でいらっしゃいますので私どもも何ら心配はしていませんでしたが、実に1700キロ走破本当にお疲れさまでした。
そうですかニュージーランドでもカジノ道を極められていたのですね(笑)。
ニュージーランドは四季がありシーズン毎に楽しめますからまたいつの日にかぜひお越しになられてくださいね。
この度はありがとうございました。
担当:東











Big Fun Tours様

2009年3月に伺った際には大変お世話になりました。

今回クライストチャーチでの『視察先のコーディネート』・『現地通訳』・『宿の手配』など滞在に関わる全般をお願いしたのですが、私は海外旅行経験が少なく英語も×、加えて初めての手配旅行+海外研修(ウエリントン・ダニーデン・クライストチャーチの3都市)でもあり、上級者コースに迷い込んだ初心者のように大きな不安を抱えていました。しかしスタッフの方との行程の詳細な打ち合わせや、小まめなメールのやり取りの中でいただいた様々なアドバイスのおかげで、安心してクライストチャーチに向かうことができました。

今回のテーマは『公園管理やこれに関わるボランティア活動』。
具体的に知りたい内容の要旨を予めスタッフさんにメール連絡した際には、まさかここまでバラエティに富んだ研修スケジュールになろうとは思っても見ませんでした。視察の際も、市役所スタッフの方やボランティア団体の方と日常会話を交えながら、こちらの作成した質問書に合せてインタビューを進めていただき、私自身は余裕を持って視察に望むことができました。

今回の研修を通じて印象的だったのは…美しい街並みでも、花でも、エラズリーフラワーショーでもなく、陽気で親切なニュージーランドの皆さん!!中でもクライストチャーチ美化委員会会長のブライアンさん、クライストチャーチガーデンフェスティバル運営委員のデヴィさん、クライストチャーチ・倉敷姉妹都市委員会副会長のデビッドさんの御三方はとても個性的な上に、かなり混み入った話まで聞かせていただき感動しました。日本とニュージーランドの生活習慣や考え方の違いなど、ガイドブックには絶対掲載されないような情報を得ることができてとても楽しかったです。 クライストチャーチやフラワーフェスティバルを観光以外の視点で見学をすることができたのは、現地の会社ならではのコネクションと情報の成せる技だと今更ながら感心しています。

余談ですが、『空港での手続き方法』や『空港までの足の確保の方法』からスーパーマーケットや美しいカフェの場所まで、滞在中に必要な地元情報を教えていただき、大いに活用させていただきました。 また、事前にいただいていたお天気情報には本当に助けられました。まさか初秋であられが降るとは考えてもみませんでしたので。

日記のように思いつくままに書いてしまいましたが、他の都市では出来なかった体験がクライストチャーチで出来たことが沢山ありました。本当にありがとうございました。 今年は無理とは思いますが、何とかまた近いうちにNZへ行きたいと思っています。その節にはまた個人的にお世話になります。

千葉市 公園管理課 国岡幸浩








Big Fun Tours様

ニュージーランドを訪れたのは昨年の9月、ツバキやシャクナゲの花が各地で咲き乱れる春先の頃でした。

私たちはクライストチャーチで開催された公園やレクリエーションに関する国際会議に参加し、『日本の伝統園芸植物』の保存の必要性に関するポスターセッションを行いました。江戸時代の長い鎖国状態の中で品種改良と選抜がなされ発達してきた日本独自の園芸植物について、その紹介と保存継承の必要性を説明するために通訳サポートを依頼しました。

その結果スタッフの方の迅速かつ高度な理解力と広範囲な関連知識のおかげで見事に目的が達成できただけでなく、日本とニュージーランドの政治・行政の違いや国民性の違いなどから、花や緑をはじめとした自然とのつきあい方の違いを研究することができました。通訳をしていただくだけならこんなにすばらしい成果は得られなかったでしょう。

ニュージーランドは雄大な自然と豊かな花や緑で美しく彩られた市街地で訪れる人を魅了する国です。私たち、花や緑に関わる仕事に携わる者にとってお手本となるところがたくさんあるすばらしい国です。ニュージーランド通に市街地の写真を見せるだけで、『あっ、エイボン川だ!これはクライストチャーチ郊外の住宅地だね!ここはねっ…(以下長くなりますので省略します《笑》)』。

たった7日間の滞在でした。まだまだ見たいところや体験したいことがたくさん残っています。またお会いしましょう!

財団法人 国際花と緑の博覧会記念協会
企画部企画課長 馬渡肇










ビッグファンツアーズの皆様へ

NZ訪問の際は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

まもなくNZ訪問から1年経ちます。我々のNZ訪問の目的は、シカ類の飼育(養鹿)の世界的な先進国であるNZへ足を運び、先進事例から少しでも何かを学びたいという事でした。鹿を抜きにしても、NZへはいつか必ず訪問したいという気持ちが強かったので、とにかくNZへ行けただけでも幸せでした。夏の北海道から冬のNZへの旅でしたが、極寒に慣れている我々は、特に抵抗感もなく、現地でも天候にほぼ恵まれ予定を順調にこなす事が出来ました。

我々は一般の観光客と違い特殊な分野の視察、1ヶ所だけでなく5ヶ所の養鹿牧場を訪問し様々な経営スタイルを比較したかったという目的もあり、観光地・観光施設のみを案内するガイドでは実現不可能でしたので、ビッグファンツアーズに牧場の手配も含めて車両も用意いただき、3泊4日の日程でクライストチャーチからクイーンズタウンまで、運転・通訳と至れり尽くせりでスタッフ2名に同行いただきました。

世界レベルの牧場経営を目のあたりにして大きな刺激を受けましたし、もちろん鹿だけではなく羊、個人的に大好きな馬、ロードオブザリングスの撮影地など南島の大自然を満喫しました。その前後を含めてこれだけ充実した1週間を過ごせたのも、ビッグファンツアーズの皆様がこちらの要望に対して真摯に対応していただきベストな選択をしていただいたからこそだと思っております。また道中いろいろな場面で臨機応変なサービスをしていただき、専門的な議論にもお付き合いいただき感謝しております。

もちろん1度とは言わず夏も行きたいですし、まだまだ学びたいことが沢山あるのでまたお世話になりたいですし、こんなことがNZで体験できたら幸せだなと思う要望をこれから訪問するという方々はぜひ相談してみてはいかがでしょうか?

どうせ念願のNZへ行くなら一生忘れないような体験にチャレンジしてみた方が絶対得だと思います。

また、お会いしましょう!

東京農業大学 オホーツク実学センター
エゾシカ学専任研究員 北原理作


ビッグファンツアーズ様

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
当商工会議所並びに当ニュージーランド協会の事業運営に際しましては、平素より格別のご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて恵庭市とティマル市は本年2月13日、待望でございました『姉妹都市』として正式に調印がなされました。振り返れば平成12年に始まりました恵庭・ティマル両商工会議所の国際産業交流事業を契機として着実に友好の絆を育んできた両市ではございますが、その間BIGFUNTOURS様には、恵庭からの訪問団がニュージーランドを視察する際における訪問先へのアポイントやスケジュール管理、現地での移動手段の確保から通訳・ガイドまで、総合的にプロデュースをして頂くなど、長年に渡ってサポートを頂きましたことに心より感謝を申し上げる次第でございます。

当商工会議所ならびに当協会では、これからも両市国際交流の発展の為、努力をして参りますので、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げ、お礼に代えさせて頂きます。

恵庭商工会議所 会頭 村本隆二
恵庭ニュージーランド協会 会長 原田裕



Big Fun Tours NZ Ltd

PO Box 13714, Christchurch, New Zealand
Tel: +64-3-366-3343
Fax: +64-3-366-3313
E-mail: bigfun@xtra.co.nz
Web: www.bigfuntours.co.nz

Copyright(C)2009 Big Fun Tours All Rights Reserved